アクシスコンサルティングの口コミ・評判!ITからコンサルタントで年収アップ

一口にIT関係の仕事というと多種多様な職種に分かれるのも事実で、もし転職をこれから検討する場合には、まずはどの分野で活躍をしたいかを明確にし、その分野に志望を行うことから始まります。

当然に志望する分野に関しての未経験や実績が存在しないことはマイナス要因になることも多く、今までの仕事の実績・スキル・資格等がカギを握ることも多いです。

転職エージェントを利用すれば、仕事の実績・スキル・資格等に合わせた求人案件を紹介してくれます。

「アクシスコンサルティング」が扱っている求人案件は、主にIT技術者の中でも比較的に高度なコンサルティング業務の求人案件を豊富としています。

企業の経営戦略や社内のシステム化においては、コンサルティング業務を担える人材を欲するのが現場の要求でもあったりします。

コンサルティング業務は、まさにITシステムの経験や業務実績がモノをいう世界になりますので、その業務を担うことができれば、重要なやりがいのある仕事を担うことが可能です。

他にも仕事柄、待遇面にも優れていますので、そうした側面でもやりがいを感じて働くことができます。

\コンサルティング転職エージェント/

アクシスコンサルティング 公式サイト

目次

アクシスコンサルティング総評と比較

アクシスコンサルティングの求人件数は、比較的に少なく、主にコンサルティングに携わる方向けの偏りのある求人が多いのが特徴的です。

大手の求人が多いのも特徴的で、コンサルティングの仕事を目指す上では、エンジニア段階から登録しアドバイスを受けながらキャリアを形成し、上位の職種に挑戦すると良いかもしれません。

デメリット面は上流工程の仕事になりますので、向上心の無い方には畑違いだと感じるケースもあるので、登録しても意味がない場合も存在します。

ただ現状に満足せずに、レベルの高い仕事を求める方は挑戦者の気持ちでエントリーしてみることがオススメです。

気が付けば重要な職責を担う形になり、しかも報酬アップも見込める状態になる場合もあります。

下記の表で簡単にアクシスコンサルティングのことをまとめてみました。

メリット
  • 面接の指導が丁寧である
  • 大手の求人件数が多い
  • ITコンサルティングファームへの転職がオススメ
デメリット
  • キャリアコンサルタントのサポート力が弱い
  • 求人案件数が少ない
  • 非公開求人が多いので仕事の内容を把握しづらい
おすすめな人
  • 手厚いフォローやバックアップが欲しい方
  • キャリアプランを策定し、今後のキャリアアップに繋げたい方
  • 求人案件の質に拘りたい方

その他の転職エージェントと比較

「アクシスコンサルティング」でIT関連で転職活動を行う上では、比較的にコンサル系の業務になりますので、高度な業務のお仕事になります。

IT関連の仕事は基盤系・オープン系・汎用系・ネットワーク系の仕事ではSE・PGが多い中、これらの方は主に下流工程で活躍します。

一方、上流工程で活躍する人材はプロマネ・アナリスト・コンサルティング系であり、これらの方は専門的な知識・ノウハウ・実績等を必要とします。

もっとも「アクシスコンサルティング」では創業から17年間になりますが、約5,000人もの現役コンサルトの支援を行っています。

延べ数で言えば、約20,000名ものコンサル業務に転職希望者の支援を行った実績があります。他の転職エージェントでは扱いきれていない求人案件を扱った実績からです。

問題は未経験の場合だとマイナビ・リクルート・パソナなどの大手のエージェントだとお払い箱になりやすいところ、未経験からでもコンサルタントに挑戦できる道筋があるのが「アクシスコンサルティング」の優れた点です。

もちろんIT業界にどっぷりと浸かった人材であれば、未経験でもより上位の職種のコンサルを志願することもできます。

コンサルの業務を行う方は、始めは誰しもが未経験なのは当たり前。

平均支援を3年間とかなり長くすることで、現在の業務をしながら独自の戦略でコンサル業務の仕事にも挑戦できるような土壌を作ることが可能です。

アクシスコンサルティングの基本情報

アクシスコンサルティングは、コンサルティングキャリアプランに強みは存在します。

例えば主にコンサルティングファーム・事業会社・フルコンサルの三つの転職を目指せ、そのキャリアプランを得ることが可能です。

もちろんコンサル業界に未経験の方でも積極的に挑戦をすることもでき、今よりレベルの高い仕事に就くことができます。

有名な公開求人案件も多いですが、非公開求人やスカウトなどの案件も多数扱っております。

アクシスコンサルティングの強み

  • 平均サポート支援期間が3年
  • パートナー企業などのCEO・人事担当者が来社して積極的な求人を展開する
  • 独立支援も提案できる懐の深さ
  • 独自取材を公表したり、内部情報を定期的に公開

それぞれを下記で紹介致します。

平均サポート支援期間が3年

多くの転職エージェントは、求職者の一回の求職希望に応える形で支援を行うため、無理した転職活動が行われがち。

ところがアクシスコンサルティングの場合は、生涯キャリアパートナーを想定し、長期間のキャリアアップを目指せます。

人生でも重要な転職をタイミングを見計らい、適切なアドバイスが実施されます。

パートナー企業などのCEO・人事担当者が来社して積極的な求人を展開する

パートナー企業にとってもアクシスコンサルティングの人材紹介は評価が高いです。

IT事業の要になるコンサル業務を遂行する人材は必要不可欠で、企業の最前線では需要が高まっております。

パートナー企業のCEO・人事担当者などが来社してまで、積極求人を展開しているので、良質な求人案件を集めることが可能です。

独立支援も提案できる懐の深さ

現在は働き方改革の流れもあり、優秀な人材=正社員ではないです。

独立したり、フリーランスなどで活躍することも当たり前であり、そういった方向けの独立支援・求人活動も行っています。

転職エージェントは転職者向けと限られたものではなく、独立やフリーな立場でIT業界で活躍したい方の門戸を解放しおります。

独自取材を公表したり、内部情報を定期的に公開

アクセンチュアコンサルティングでは、他の転職エージェントにない独自取材を敢行し、それを公表することで業界の動向などの本音を知ることが可能です。

また働く上で必要な内部情報を知ることもポイントになりますが、その情報が存在することで雇用のミスマッチも起きにくくなります。

転職活動自体をスムーズに行う上では、必要不可欠な要素です。

口コミからわかるアクシスコンサルティングのメリット

アクシスコンサルティングは、ワンランク上のコンサル業務の求人案件が豊富で、それに応募して転職を勝ち取った方の口コミも多数存在します。

他の転職エージェントにない優れたメリットを見ることも可能です。

なかでも

  • 未公開求人数が多い
  • 転職活動に行き詰っている方向け
  • 手厚いサポートが良い

という声が多数、挙がっています。

未公開求人数が多い

口コミ
ここは未公開求人が多くて、ほとんどが新規登録しないと閲覧できないようになっているから、登録さえすれば信用度の高い求人にたどり着ける感じがするよ!
求人はコンサルタント系に特化していて、プロフェッショナルを目指す人には目からうろこの求人がたくさん。
自分に合う求人を探すのに希望条件などのカウンセリングをしてくれるから、親切でありがたい!
面接のアドバイスもしてくれて、退職する場合どうしたらいいかなど内定後のアフターフォローもしてくれるから至れり尽くせりだと感じた。
引用:みん評

口コミで見られるように、非公開求人が多いのが特徴的です。公開されていないため、アクシスコンサルティング独自の求人案となっています。

またコンサルタント系の求人案件に力を入れているのでより上位の仕事を目指される方にも安心して活用できます。

面接のアドバイスもしっかりしており、内定後のアフタフォローも万全で、IT技術者でより高度な仕事をしたい方向けにも優れた転職エージェントです。

転職活動に行き詰まっている方向け

口コミ
収入が安定した正規雇用の仕事に就きたい人ならこのサイトが最適。扱っている求人は大手企業のものが多く安心して転職することが可能です。スタッフも親身になって相談を受けてくれるので転職活動への不安を払しょくできる他、面接の受け答えや職務経歴書の上手な書き方などをレクチャーしてくれるのは嬉しい点です。自分では気づかなかった問題点が判明するのは非常にありがたいので、他の転職サイトを使っている人でもここに登録して損はありません。質の良い求人から希望の転職先を見つけたい人や転職活動に行き詰まっている人にこそおすすめできる所だと思います。
引用:みん評

スタッフが求職者の希望や個人の実情に合わせた形で親身になって相談に乗ってくれるのが良いです。

履歴書・職務経歴書の書き方のレクチャーまでも行ってくれるのも良く、万全な面接対策を行ってくれる意見が見られますね。

転職活動で自分ひとりだけで行うと行き詰ることが多い人は、スタッフと二人三脚で進めることができ、モチベーションを失わずに取り組めます。

手厚いサポートが良い

口コミ
キャリアアドバイザーは非常に知識が豊富で、履歴書の書き方一つでも自分に足りない部分を細かくアドバイスして貰えました。じっくりと面談した事で漠然としていた目標も明確になり、効率良く自分の理想にあった職場を探せたと思います。ちなみに面接のスケジュールなども全てキャリアアドバイザーが代行してくれたので、仕事に支障をきたす事もありませんでした。手厚いサポートによって無事に意中の企業へ転職が決まり、今は新しい仕事に情熱を注いでいます。条件面はもちろん、職場の雰囲気にも満足しています。
引用:みん評

一般的な転職エージェントではキャリアアドバイザーによるサポートが手薄で個々人の勝手に任せになりがち。ところが口コミでも見えている通り、様々な提案を行ってくれ、効率よく転職先を探すことが可能です。

もちろん支障をきたすことなく、転職に成功して現在も職場の雰囲気に満足して働けるのは手厚いサポートのお陰となります。

それを当たり前の如く受けられ、3年も長い間継続支援してくれる点でも優れています。

口コミからわかるアクシスコンサルティングのデメリット

アクシスコンサルティングにはメリットが多い分、デメリットも若干、存在します。実際に利用した方の生の意見を聞くことができますので、それはこれからエントリーされる方の課題にもなります。

口コミでもアクシスを利用した方の意見が幾つかピックアップされております。

実際に体験された方のデメリットを感じた点は

  • 企業側の求人内容と異なるケースがある
  • 頼りない担当者もいる
  • 営業勧誘活動が激しかったりする

を挙げることが可能です。

企業側の求人内容と異なるケースがある

口コミ
転職エージェントから聞いていた求人内容と、企業側の求人内容が異なっており、面接がやり直しになった。
引用:転職のリアコミ

転職エージェント全般に言えることですが、実際にエージェントから聞いている求人内容と企業側の求人内容と齟齬が生じる場合が存在します。

担当者も掛け持ちで求職者を担当していることもあり、起こることがよくあります。

その場合、求職者の時間が無駄になってしまう懸念が生じます。企業とエージェントの情報を共有できていないのは、入社後にも問題となってしまう可能性も高いです。

頼りない担当者もいる

口コミ
売り込んでなんぼだもんなぁ→ 若いキャリアコンサルタントで頼りなく、使えなかった。
引用:Twitter

転職の成功へのカギは、アドバイスをするキャリアコンサルの力量に寄ることが多いのも事実かもしれません。

実績や力量が劣る頼りない担当者であると転職に不安を感じやすくなってしまいます。

特に若いキャリアコンサルタントであると経験と実績が無い分だけ、適切なアドバイスが行われにくい懸念があります。

営業勧誘活動が激しかったりする

口コミ
アクシスコンサルティングというエージェント会社がかなり鬱陶しい。SNSなどで得たアドレスに対するエージェントからのコンタクトは普通だけど、勝手にメーリングリストを送り出すし、無視してもメール送り続けてくるし。
節度ってものを知って欲しいわ。
Linkedinとかに苦情報告すればいいのかな。
引用:Twitter

キャリアのコンサルティングを行う場合、担当者の売り上げを気にすることが多いので、営業活動を盛んに行う必要があります。

そのため求職者を盛んに募る必要があるので、その際にメールを多用してしまう傾向があります。

あまりにもしつこいと求職者も飽きれて閉口してしまうことも多いです。

転職者のことをあまり考えずに、売り上げばかりを気にするのは本末転倒になります。

アクシスコンサルティングにおすすめな人

アクシスコンサルティングは、IT関連の幅広い分野・ジャンルからの求人案件を集めております。

ITでもコンサル系・プロジェクトマネージャ系の優良案件を多数抱えているのが特徴的です。

つまり上流工程の求人案件に強みが存在します。なお遠隔地の方でも求職することも可能ですが、主に関東圏内での求人案件を多数扱っております。

  • 上流工程での仕事をしたい方
  • 今よりもキャリアアップを図りたい方
  • 東京での勤務を希望される方
  • 長期戦で慎重に転職活動を展開したい方

特に長期戦で転職活動を行う場合には良く、3年間に及ぶ支援活動を展開してくれます。3年間に及ぶフォローが存在すれば、アフターでも安心できます。

また石の上にも3年でよりキャリアアップしたい方にも優れ、現在の仕事よりも待遇面の向上までを図れるのも魅力的になります。

キャリアコンサルとは一生涯、付き合える関係になれ慎重型の強い方にオススメです。

\コンサルティング転職エージェント/

アクシスコンサルティング 公式サイト

IT転職で併用したいサービス

IT系の転職を成功させるためには、ITに強みのある転職エージェントを併用して計画的に活用すると良いです。

・レバテックキャリア
・マイナビエージェント
・ワークポート

を併用してみることがおススメですね。

それぞれの転職エージェントの良さを活用しながら複合的に使うのも良かったりします。ただそれぞれの管理はしっかり行うこともポイントになります。

年収アップ率が60%以上の実績のレバテックキャリア

ITのお仕事に幅広い求人案件を持つのがレバテックキャリア。ここに相談されて転職された方の年収アップ率が60%以上。

しかも平均して年収が50万円も違ってくることも多いです。

15年間の実績とキャリアップサポートの充実も魅力的。

関連記事

「レバテックキャリアの悪い評判は本当なの?」「未経験者でもIT転職できる条件って何かな?」など、レバテックキャリアが実際どんな転職エージェントなのか、真偽が気になっていたりしませんか? レバテックキャリアは、現在エンジニアやSEの人が、さら[…]

知名度がピカイチのマイナビエージェントIT

転職エージェントでも大手に分類され、知名度も高いマイナビエージェント。

初めての転職に強みが存在し、転職事情にも強い専任アドバイザーがいるのも強み。

そして極めつけはIT企業向けの担当アドバイザーも存在するので、それとタイアップした形で希望の職場に導くことも可能です。

関連記事

マイナビエージェントITと言えば、誰もが知る大手会社のため、その安心感からまず一番に利用を考える方も多いでしょう。 しかし人気で利用者も多いぶん、悪い評判も少なくはありませんので、いきなり登録するのは不安ではありませんか?未経験だとなおさら[…]

ワークポート

ボクシング界で著名な井上尚弥氏をイメージキャラクターに迎え、今急成長中の一推しのIT向けの転職エージェント。

リクナビNEXTで転職決定人数ナンバーワンを獲得しているほど。

 

それだけここに相談すれば、スムーズで満足のいく転職を実現する可能です。
相談者の力を引き出し可能性をアップし、それでいながらホテルのコンシェルジュを思わせるような居心地の良さと活動のしやすさを実現。

IT系転職でも外すことができないエージェントです。

関連記事

「ITの転職で有名なワークポートは安心してお願いできるの?」「ワークポートについて調べてみたら悪い評判が出てきたんだけど大丈夫なのかな」と考えていませんか? ワークポートはIT業界、ゲーム業界、クリエイター業界の求人に強みを持つ転職エージェ[…]

アクシスコンサルティングで上手に転職するポイント

転職には要を得た活動を行うことが重要ですが、それがそのまま上手に転職をすることにも繋がります。

アクシスコンサルティングでも一般的な転職エージェントと共通的な機能を有していますので、それを上手く利用することで転職がスムーズに捗ります。

そのポイントとしては

  • 企業スカウト案件を活用する
  • 転職希望時期は即座にが基本
  • 初回面談に尽力する
  • IT系の難関なコンサル系の資格取得を行っておく

下記でそれぞれを簡潔に紹介します。

企業のスカウト案件を活用する

転職エージェントは、転職先の企業を求職者に紹介・仲介などをしてくれるサイトです。

もっとも転職エージェントではスカウト案件を扱っていることもあり、求職者の履歴書・職務経歴を公開することで企業が興味を示してくれる場合があります。

スカウトの場合は企業からの積極的な求人になりますので、比較的に採用率が高いのがメリットだったりします。

そのためスカウトされた場合は、求職者が企業に応募するよりも転職に成功しやすいです。

スカウトされた企業に対して求職者も積極的に応募することがスムーズに職を得ることに繋がります。

転職希望時期は即座にが基本

転職エージェントの売り上げに関しては、企業の求人活動を成功させることで報酬を得る形になることが多いです。

そのため求職者がエントリーして来たら、早くその転職を成功させ売り上げを上げたいとするのが常識になります。

従って「転職希望時期についてはいつ頃が良いですか?」と尋ねられたら、「良い働き場が存在すれば、直ぐにでも。」と答えた方が優先的に紹介や仲介してくれるはずです。

求職者も優先順位を上げてくれた方が、良い職場に巡り合う確率も高まります。

初回面談に尽力する

求職者にとって転職エージェントと面談をすることは、働くべき企業でないので面倒だと思われるかもしれません。

しかし企業の面談では第一印象を大事にする傾向が強いのも事実で、転職エージェントでもそれを面談時に見ているものです。

初回面談では、実際に足を運んで転職エージェントと面談をすることになりますが、希望する職種・条件などをしっかり伝えることが重要になります。

もちろん転職エージェントも求人案件を出す企業目線で求職者を見ることになり、好印象であればバックアップしてくれるはずです。

ビジネスでも何事でも顔を知らないよりも知っていることを重視し、信用する傾向が強いのも人間の性質になりますので、求職者は初回面談に力を注ぐことは理に適っています。

初回面談で転職エージェントにおいても好印象であれば、他の企業の転職活動も成功しやすいのも事実です。

IT系の難関なコンサル系の資格取得を行っておく

IT関係でコンサルなどの上流工程での仕事を行う上では、IT関連の難関資格を取得することも転職をスムーズにさせます。

実際にはIT資格でコンサル業務ができないことはありませんが、その資格を取得しておけば評価が高まりスキル・能力があると証明されることになります。

金融機関などではITの資格者を貼りだして公開していたりする他、公的な機関への提出書類に会社が抱えている資格保有者を提出することもあるぐらいです。

従って会社にも資格保有者はメリットがあるため、転職を楽に済ます上では強力なアピールポイントになります。

\コンサルティング転職エージェント/

アクシスコンサルティング 公式サイト

コンサルタントの年収について

コンサルはIT業界においても年収が良いと考えられています。

実際にはそこまで年収が良くなることは稀であり、意外と年収面を脚色されているのではないかという噂も一部には存在します。

実際には仕事の内容・職責などの総合的な側面を見て行かないといけません。

外資系コンサルファーム(ビジネスコンサルタント:1300万円)
⇒ 外資戦略系コンサルファーム(戦略コンサルタント:1500万円)
※年収UPでのオファー獲得

外資系コンサルファーム(ITコンサルタント:1100万円)
⇒ 新興系コンサルファーム(ITコンサルタント:1500万円)
※年収UP&上位ポジションでのオファー獲得

外資系コンサルファーム(ビジネスコンサルタント:900万円)
⇒ 外資系コンサルファーム(M&Aコンサルタント1000万円)
※M&Aコンサルタントへの転身

日系コンサルファーム(ITコンサルタント:750万円)
⇒ 外資系コンサルファーム(ITコンサルタント900万円)
※年収UP+AI・ロボティクス領域のコンサルタントへ転身

大手Sier(システムエンジニア:650万円)
⇒ 外資系コンサルファーム(ITコンサルタント:850万円)
※年収UP+ITコンサルタントへの転身総合商社(企画営業:800万円)
⇒ 外資系コンサルファーム(戦略コンサルタント:950万円)
※戦略コンサルタントへの転身メガバンク(営業:500万円)
⇒ 外資系コンサルファーム(経営コンサルタント:600万円)

外資系コンサルファーム(ITコンサルタント:760万円)
⇒ 大手Web系企業(IT企画:800万円)
※好条件でのEXITの実現日系コンサルファーム(経営コンサルタント:850万円)
⇒ 日系メーカー(経営企画職:850万円)
※EXITの実現

基本的にはコンサルファームでも事業会社でも外資系の方が年収ベースの単価が高い傾向を見て取ることができます。

コンサルに関する仕事で評価が高いのは、完全に外資系となり、もちろん報酬面からもその職責もタイトになります。

もっとも転職においては、報酬面を鑑みると日系のコンサルから外資系のコンサルを目指すと満足のいくケースが多いです。

事業会社toファームも狙い目で、事業会社での職務経歴でコンサルファームに転職することで、事業会社よりも破格の報酬をゲットできる可能性も強くなります。

コンサルの大体の年収ベースの相場は800~1500万円になり、1000万円前後の報酬が割合でも多いですね。

アクシスコンサルティングの登録から内定までの流れ

アクシスコンサルティングを利用する流れをご説明いたします。
※上から順番に行う。

  1. アクシスコンサルティングの公式HPにアクセスし登録を行う。
  2. 自分の履歴書・職務経歴をアカウントで設定する。
  3. キャリアアドバイザーとメールフォームからやりとりを行い、面談日程を調整する。
  4. 約束した面談日にアクシスコンサルティングの事務所に行き、面談を行う。
    ※電話でも可能。
  5. 面談で希望を告げて、後日、求人案件の紹介を受ける。
  6. 書類添削と面接対策をアクシスコンサルティングに行ってもらう。
  7. 企業に応募し書類選考を受け、面接を受けてみる。
  8. 面接の結果、採用になり内定が決定。その後に入社を行う。
  9. 実際に働く中でアフターフォローを受ける。

一人で転職活動をするよりもアクシスコンサルティングと連携を行った方が効率的で手間もかからず、登録から内定まで楽に進めることができます。

\コンサルティング転職エージェント/

アクシスコンサルティング 公式サイト

アクシスコンサルティングのQ&A

アクシスコンサルティングのHPでは、転職を検討したい方向けのよくある質問を紹介しております。

転職を検討する方は、何かと不安に思うものです。

そういった意見を真摯に応えることで、安心して転職に結び付けることができます。

よくある質問でも取扱っている質問は多数存在しますが、その中でも下記の件をピックアップして紹介します。

  • どのような会社の求人がありますか?
  • コンサルティングファーム・IT事業以外も紹介してもらうことが可能ですか?
  • エントリーすると何が利用できますか?
  • エントリー時に用意しておくことはありますか?
  • 相談だけでも可能ですか?
  • 退職した理由を上手く説明する方法とは?

どのような会社の求人がありますか?

大手からベンチャーまで様々な会社の求人案件を扱っています。

職種についてはITコンサル業務に強みがありますが、ITエンジニア向けの求人案件も多いです。

日系を始め、外資のIT企業まで存在しますので、活躍の広場が広がっています。社名の非公開求人も多いです。

もちろん社名公開の求人案件も豊富に存在します。

コンサルティングファーム・IT事業以外も紹介してもらうことが可能ですか?

もちろんです。IT事業は企業の基幹系のお仕事になりますので、IT無くして事業が成り立たないのも事実だからです。

今までのITのスキルをそのまま企業の様々な事業に活用することができ、そういった求人案件も紹介することができます。

エントリーすると何が利用できますか?

17年の実績を有し専門性を有するコンサルタントが丁寧に相談を行ってくれます。

求職者の経験・スキル・資格等と希望条件を伺い、最適な求人情報を教えてくれたりします。

またキャリアプランの策定を求職者にアドバイスすることができるので、希望に向けたプランまで提案してくれる点も良いです。

エントリー時に用意しておくことはありますか?

エントリー時には企業に求職の面談に行くときに必要なモノを揃えておくと良いです。

例えば、履歴書・職務経歴書などになります。

もし作成をしていない場合には、アクシスコンサルティング版のフォーマットをダウンロードして作成することも可能です。

相談だけでも可能ですか?

相談はもちろん受け付けていますが、転職をするための動機がカギを握ります。

無理な転職をしたり、それを繰り返すことは望ましくなく、キャリアにマイナスになる場合が多いです。

そのため無理に転職をオススメすることもなく、中長期のキャリアプランニングをオススメしております。

退職した理由を上手く説明する方法とは?

企業を退職する場合には、その会社では自己実現や自分の想定するキャリアが築けないことを説明することが重要です。

「仕事量に対して給料が安いこと」を理由にすることは、もちろんアリとなります。

転職の目的は待遇改善となるので、待遇条件が良い場所で働くことがポイントです。

まとめ

アクシスコンサルティングの魅力で他と違うところは、IT分野の上流工程を任せられる人材向けの求人案件を多く扱っていることです。

中でもアクシスコンサルティングは、名前の通りコンサル系の仕事に強みがあります。

コンサルティングは経営陣に情報化システムに関してのアドバイスを行える専門的な人材で、事業会社の将来性を担うべく重要な地位になります。

やりがいと報酬に関してはいうこともなく、エンジニアが目標とすべき仕事内容となることは言うまでもないです。

そのためITエンジニアが向上心を持って、ワンランクもツーランクも上のレベルで働きたい方におすすめの転職エージェントになります。

もちろん転職のためのサポートにも優れており、評価の高い履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策にも定評が存在します。

転職はより良い人生を送るためにも必要とすることも多く、それに成功することでビジネスの世界における自己実現を可能とします。

アクシスコンサルティングでより良い職場を手に入れて下さい。

\コンサルティング転職エージェント/

アクシスコンサルティング 公式サイト